確率を超えた伝説の麻雀動画ベスト3

こんにちは。あやせ(@ayasedesuyo)です。

突然ですが、麻雀ってチョー面白いですよね!

今はアプリやゲームで簡単に麻雀を楽しめますし、社会人なって麻雀ができると、おじさん達と麻雀を通して仲良く慣れるのでとてもいいコミュニケーションツールとも言えます。

また、最近では麻雀をテーマにしたアニメや漫画もたくさん発売されています。

ちなみに一番僕が好きな漫画はこの天牌です。

すげーキャラがカッコイイし、面白い。
麻雀職人になりたいって思います。

あとはカワイイ女の子が能力バトルの麻雀をする、咲っていう漫画もすごく面白いです。
アニメもやってます。麻雀が強くなるわけではありませんが、純粋にエンターテイメントとして楽しめます。

とまあ、話をタイトルに戻すと。

僕は麻雀の動画をYoutubeやニコニコ動画でかなりの数を見ました。

プロが対局しているのを見るだけで楽しんですよね、下手したら自分がやるより見てる方が楽しかったりします。

その中で、を紹介したいと思います。

麻雀を少しでもやったことがある人は、是非見ていただきたいです。

それでは、紹介します。

3位 小島武夫の九蓮宝燈

麻雀には、様々な役があります。

役によって点数が変わるのですが、その中でも最強の役が「役満」とよばれるものです。

国士無双とかスーアンコウとかは、麻雀をやったことの無い人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

この動画は、その中でも九蓮宝燈という出現確率0.0004といわれる超レア役満です。

和了したのは小島武夫、ミスター麻雀と呼ばれるプロ雀士です。

この動画のスゴイ点、もちろん九蓮宝燈をツモ和了りしたことは言うまでもありません。

ですが、よく動画を見てもらえればわかるのですが、小島武夫さん、3巡目の以外、1度も無駄ツモをしていないんです。

全部有効牌、そして華麗に九蓮宝燈をツモ和了る。

ヤバくないですか?

しかもこういった公開対局でこんな和了をするなんて、もう人間の域を超えているとしか思えません。

天運が詰まった1局となっています。

2位 安藤満の亜空間殺法

この動画も、ひたすら人間の域を超えています。

動画の前半部分では対局、後半部分ではその対極の解説をしています。

この動画のポイントは2つ。

1つは、安藤さんの亜空間殺法によって、金子さんがを掴んでしまい、伊藤さんに放銃してしまいます。

亜空間殺法とは?
亜空間殺法とは安藤満氏の代名詞とも言われる麻雀の戦略。配牌やツモが良くない時や、悪い流れを感じた時などに自ら積極的に鳴き(ポン・チー・カン)をし、流れを変えるという戦法。

結果的に、この亜空間殺法により、ベタオリだった安藤さんのポンにより、待ちだった伊藤さんへ、金子さんが放銃してしまう結果となりました。12000点の放銃。跳満です。

これだけでもヤバイのですが、問題はこの先の解説。

実は、金子さんの待ち、実は山にめちゃくちゃ残ってたんです。

どれくらい残ってたかというと、残り4枚。

そうです。

安藤さんがをポンし、金子さんがを放銃した時、山には残り4枚。

その全部がなんと、だったんです。

つまり、あそこで安藤さんが亜空間殺法をしていなければ、どんなにその後チーやポンがはいろうと、金子さんの和了が確定する。

つまり、あののポンのタイミングだけが、唯一、親の金子さんが放銃してしまうシナリオだったんです。

これを、公開対局でやる安藤さん。

本当に確率を超えたレジェンド雀士だと思います。

1位 飯田正人、伝説の1ソ止め

最初に言っておきますが、この動画僕は100回以上見ました。

そのくらい、この動画に思い入れがあるし、僕が麻雀を好きになったのも飯田正人プロが麻雀をしていたからです。

もう亡くなってしまいましたが、僕のなかで最強の麻雀プロは誰かと聞かれたら、間違いなく「飯田正人さんです」と答えます。

さて。

この動画のタイトルは、「和泉由希子 大逆転三倍満」となっています。

タイトルの通り、和泉由希子さんが最後の最後に三倍満をツモり、逆転するというろこともスゴイ見どころなんです、が。

それよりも途中、飯田正人さんがを神止めするシーンが、この動画の一番の見どころです。

軽く状況を整理しましょう。

局面は、南4局1本場。飯田さんは総合1着で、和泉さんは2着。

つまり、飯田さんはどんな手でも和了れば優勝という場面です。

7巡目、和泉さんが東をツモり、待ち。

この時点で6巡目ホンイツ、トイトイ、東白ドラ3で、親の倍満24000点という爆裂手をテンパイしています。

対して、飯田さんは完全にタンヤオ系の手です。

4巡目に、飯田さんがを、和泉さんにポンさせてるとはいえ、優勝がかかった局面。

を引いたら、絶対に打つと、解説もそう言っています。

僕も多分100億%放銃すると思います。

ですが、大魔神こと飯田正人は、何かを感じ取ったのか、この局面でをビタ止め、放銃をせず神回避していまいます。

マジでやばくないですか?

なぜこんな芸当ができるのでしょうか・・・。

この瞬時の判断ができるのは、多分プロでも相当少ないかなと思います。

今はもう、飯田正人さんはなくなってしまいましたが、僕の胸の中ではいつも飯田正人さんが楽しそうに、そして超実戦派プロとして戦っている姿がいつでも生き続けています。

現在では、アプリやゲームもかなり発達していて、プロ雀士と麻雀を打てたり、様々なランキング戦で遊べるゲームがたくさん出ています。



Maru-Janは、画質も綺麗でオススメです。

以上、なんとなくオススメの「確率を超えた伝説の麻雀動画ベスト3」を紹介してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です